日本共産党品川区議団TOPへ            「なかつか亮ニュース」目次へ

なかつか亮 なかつか亮ニュース 2006年11月5日発行
第0161号

ryo@nakatsukaryo.net

お気軽にご相談ください
雇用状況が悪化し、失業に伴う生活困窮が増えています。「派遣切りで収入が激減」「アパート代が払えない」など、生活相談はいつでもお電話下さい。
労働相談も受け付けていますます。ひとりで悩まず相談はお気軽に。
連絡先:区議控室 5742−6818(昼) 事務所 3773−3231(夜)

気軽な町の無料法律相談会
日時:2019年2月15日(金) 18:00〜20:00
場所:日本共産党なかつか亮事務所
弁護士と一緒に相談会を行います。生活のこと法律のこと、お気軽にご相談ください。
できれば事前にご連絡ください。
連絡先 昼:区議控室 5742-6818 夜:事務所 3773-3231

なかつか亮の駅前宣伝
火曜日7:30〜大井町駅
金曜日7:30〜西大井駅
土曜日16:00〜大井町駅
スタッフ募集:区政報告を駅前宣伝で配付して頂ける方を探しています。少しの時間だけでも助かります。


ついに入学者ゼロ
学校統廃合へ導く学校選択制・小中一貫校建設は見直しを

今年4月、区立八潮中学の入学者がゼロに。品川区は、これを機に、八潮周辺5校をひとつの小中一貫校に学校統廃合する発表しました。

地域からは「ついに学校統廃合が始まった」「うちの学校はどうなるのだろうか」と不安の声が広がっています。私は「学校統廃合を招く、学校選択制や小中一貫教育は見直すべき」と追及しました。

子どもがいなくなった訳でもないのに…


今年入学者がゼロとなった。八潮南中学。

「入学者ゼロ」となった八潮南中学。今年4月、春にはっても入学式が行なわれる事はありませんでした。

品川区は入学者ゼロの原因について「八潮団地固有の人口減少」と説明します。

しかし、新一年生の人口は今年4月で34人、来年以降も約30人を推移。子どもが居なくなったわけではありません。

「入学者ゼロ」は、学校選択制や小中一貫校建設が引き起こしたものです。

八潮南中学の新入生
人口推移
  人口 入学者
平成13年 67人 51人
平成14年 47人 9人
平成15年 51人 39人
平成16年 40人 23人
平成17年 35人 12人
平成18年 34人 0人
平成19年 30人  
平成20年 20人  
平成21年 36人  
平成22年 32人  
平成23年 28人  

小中一貫校の周辺校は入学者が減少
区も「こういった傾向が当然起こるだろう」

小中一貫校を区内に6校建設

品川区は小学校と中学校を同じ敷地に併設する「小中一貫校」を合計で6校建設すると話します。

  今年4月、大崎地域に第一校目の小中一貫校(日野学園)が開校。同時に周辺校の入学者は減少しました。品川区は「こうした傾向が内陸部のほうでも当然起こるだろう」と話します。

  周辺校のPTA会長は「隣に小中一貫校が建設されたら小規校はますます生徒が減ってしまう。生徒の獲得競争が学校教育の姿なのだろうか」と話します。

  新入生が40人を下回る小学校は区内に13校。

  小規模校の保護者や町会関係者の学校統廃合への不安は募るばかりです。

母校をなくさないで

学校はみんなの母校であり、未来への希望です。

  私は、競争の末に学校統廃合へと導く「学校選択制」「小中一貫校」は見直すべきだと思います。

  今こそ、学校、地域、家庭の連携を強化すべきだと思います。