日本共産党品川区議団TOPへ            「なかつか亮ニュース」目次へ

なかつか亮 なかつか亮ニュース 2006年9月24日発行
第160号

ryo@nakatsukaryo.net

お気軽にご相談ください
雇用状況が悪化し、失業に伴う生活困窮が増えています。「派遣切りで収入が激減」「アパート代が払えない」など、生活相談はいつでもお電話下さい。
労働相談も受け付けていますます。ひとりで悩まず相談はお気軽に。
連絡先:区議控室 5742−6818(昼) 事務所 3773−3231(夜)

気軽な町の無料法律相談会
日時:2019年2月15日(金) 18:00〜20:00
場所:日本共産党なかつか亮事務所
弁護士と一緒に相談会を行います。生活のこと法律のこと、お気軽にご相談ください。
できれば事前にご連絡ください。
連絡先 昼:区議控室 5742-6818 夜:事務所 3773-3231

なかつか亮の駅前宣伝
火曜日7:30〜大井町駅
金曜日7:30〜西大井駅
土曜日16:00〜大井町駅
スタッフ募集:区政報告を駅前宣伝で配付して頂ける方を探しています。少しの時間だけでも助かります。


自民・民主
やめさせよう税金で飲み食い、海外調査

今年4月、東京地裁は自民党品川区議団が政務調査費を飲食費に充てた769万円を「目的外支出」と認定。区に全額返還請求を命じました。

最近、この問題について、民主党は「議員特権NO」「飲食費に使って大問題」(民主9月号外)と述べています。

自民、民主の実態は…

適切な場所とは認めがたい 東京地裁

判決ではバー、スナック、しゃぶしゃぶ店など飲食費は「区政に関する『調査研究』のための会合をおこなうのに適切な場所とは認めがたい」とし769万円を区に「全額返還」を求めました。

介護保険料や国保料など区民に負担を押し付けながらその裏で「税金で飲み食い」は言語道断。自民党は判決を真摯に受け止め全額返還するべきです。(現在、裁判は東京高裁で争われています)

飲食費問題に民主党


民主党区民連合と記された政務調査費の領収書。お店は区役所から徒歩1分。 「会議費」として焼き肉代16800円。

最近、駅前などで「プレス民主党9月号外」が配られています。

その中では「1人228万円の政務調査費。キャバレーやカラオケ、飲食費に使って大問題に」とし「区政をきれいに」と主張しています。

しかし、その民主党も「会議費」として政務調査費に飲食費を充てています。「 区政をきれいに」と言うならば、自らが繰り返す、税金での飲食やキッパリ止めるべきではないでしょうか。

上は民主党の領収書です。

これが「納得のいく公金の使い道?」


情報公開で公開された区民連合(民主党他)の領収書。
「会議費」で、やきとり地蔵15330円。 しかも宛名不記載。こんなところにも、私たちの税金が…

公金の使い道

民主党のチラシには「区民の皆様が納得のいく公金の使い道を」とも主張。会議費の名目で、区役所近くの焼き肉屋16800円が区民が「納得のいく使い道」と言えるのでしょうか。

また、領収書の公開も主張していますが、政務調査費の使途はすでに全面公開されています。

だから、自民党区議団など政調費の飲食への流用の実態が浮き彫りになり、返還を求める裁判となっているのです。

海外調査は中止を

区民の暮らしを襲う庶民大増税。暮らしを支える政治が急務です。そんなとき自民、民主の二会派は毎年のように海外視察(1人70万円)を繰り返しています。増税に苦しむ区民をどう理解しているのでしょうか。

ご一緒に、税金の無駄を一掃させ、くらし最優先の政治を作りましょう。