日本共産党品川区議団TOPへ            「なかつか亮ニュース」目次へ

なかつか亮 なかつか亮ニュース 2006年1月22日発行
第131号

ryo@nakatsukaryo.net

第2回定例会・日本共産党品川区議団の一般質問
日時:2019年6月27日(木) 14:50頃集合
質問者:鈴木ひろ子
質問テーマ:「羽田新ルート撤回」「重度障害者への日常生活支援」「補聴器購入費補助」「消費税10%中止を」 

品川区議選後、最初の本会議質問となります。
区役所隣の議会棟4階の区議会事務局にて傍聴券を受け取り、本会議場の傍聴席にお進みください。6階の共産党区議控室にも、お立ち寄りください。

お気軽にご相談ください
雇用状況が悪化し、失業に伴う生活困窮が増えています。「派遣切りで収入が激減」「アパート代が払えない」など、生活相談はいつでもお電話下さい。
労働相談も受け付けていますます。ひとりで悩まず相談はお気軽に。
連絡先:区議控室 5742−6818(昼) 事務所 3773−3231(夜)

気軽な町の無料法律相談会
日時:2019年7月26日(金) 18:00〜20:00
場所:日本共産党なかつか亮事務所
弁護士と一緒に相談会を行います。生活のこと法律のこと、お気軽にご相談ください。
できれば事前にご連絡ください。
連絡先 昼:区議控室 5742-6818 夜:事務所 3773-3231

なかつか亮の駅前宣伝
火曜日7:30〜大井町駅
金曜日7:30〜西大井駅
土曜日16:00〜大井町駅
スタッフ募集:区政報告を駅前宣伝で配付して頂ける方を探しています。少しの時間だけでも助かります。


品川無防備平和条例審査始まる
1万筆の直接請求にこめられた平和の願い

昨年末に品川無防備平和条例の会が行なった「無防備平和条例の制定を求める直接請求」は約一ヶ月間に10026筆の署名が集めら成立。今月17日より3日間の日程で臨時議会が始まりました。

平和を願うの住民の力が議会を動かしています。

直接請求とは

直接請求の規定は地方自治法第74条第1項に定められ、有権者の50分の1以上の連名署名が必要です。一万筆にこめられた平和を願う品川区民の力が議会を開かせました。

無防備平和条例って何

この運動は国際法に基づき、私たちが住んでいる品川から戦争の火種をなくし、憲法9条を地域の中から具体化をしていく運動です。

ここで言う国際法とはジュネーブ条約第一追加議定書第59条のこと。戦争による非戦闘員への攻撃を防ぐ世界のルールです。

戦争による一般市民の犠牲は第一次世界大戦では5%でしたが、朝鮮戦争では84%、ベトナム戦争では95%、最近の湾岸戦争やイラク戦争でもその犠牲者の多くが非戦闘員。罪のない一般市民が戦争の最大の犠牲者となっています。国際法は軍人以外を攻撃を禁止し一般市民の犠牲を防ぐ目的で作られ「国際人道法」とも呼ばれています。

今こそ生かそう憲法9条

自民・公明・民主の改憲勢力が国会内の多数を占めています。  私はこの品川の地から憲法9条の精神を具体化し、世界に向けて憲法9条を発信していきたいと思います。

17日より臨時議会が始まりました。区民の平和の願いを実現するためにがんばります。

党大会に参加してきました共同の輪を広げ悪政を吹き飛ばそう

大会最高齢の鳥取県代議員の方
「若い君たちに未来を感じるよ」と言われました。
衆議院の笠井亮さん。
「品川の青年の取り組みに期待しています」と言われました。

日本共産党は1月11日から4日間の日程で第24回党大会を静岡県熱海市で開催しました。

品川からは私を含め3人が代議員として参加しました。

大会を通じて、小泉自公内閣が進める「小さな政府」という名の改革とは、その中身は庶民大増税、介護・医療の改悪など「国民への大きな負担」であることを告発。今こそ、地域、職場の共同の輪を広げ、間違った政治を吹き飛ばそうと呼びかけられました。

私も地域の中で暮らし、平和を守るためにがんばります。