日本共産党品川区議団TOPへ            「なかつか亮ニュース」目次へ

なかつか亮 なかつか亮ニュース 2005年2月20日発行
第97号

ryo@nakatsukaryo.net

お気軽にご相談ください
雇用状況が悪化し、失業に伴う生活困窮が増えています。「派遣切りで収入が激減」「アパート代が払えない」など、生活相談はいつでもお電話下さい。
労働相談も受け付けていますます。ひとりで悩まず相談はお気軽に。
連絡先:区議控室 5742−6818(昼) 事務所 3773−3231(夜)

気軽な町の無料法律相談会
日時:2019年2月15日(金) 18:00〜20:00
場所:日本共産党なかつか亮事務所
弁護士と一緒に相談会を行います。生活のこと法律のこと、お気軽にご相談ください。
できれば事前にご連絡ください。
連絡先 昼:区議控室 5742-6818 夜:事務所 3773-3231

なかつか亮の駅前宣伝
火曜日7:30〜大井町駅
金曜日7:30〜西大井駅
土曜日16:00〜大井町駅
スタッフ募集:区政報告を駅前宣伝で配付して頂ける方を探しています。少しの時間だけでも助かります。


今年の保育料値上げが中止されました

品川区は今年の保育料値上げを中止しました。昨年発表された、3年連続の保育料値上げを1年目にしてストップ。うれしいニュースです。小学6年生までの医療費無料化に続き、保育料の値上げストップと、保護者の強い願いと共産党の論戦が区政を動かしました。しかし、区は「今回は見送りましたが、値上げに関する検討はしないというわけではありません」と話し、今後も油断はできません。

昨年、突然の年間10万円もの値上げ計画

昨年2月、品川区は保育料を3年かけて27%値上げ(平均世帯で3歳児未満年額9万4800円の負担増)する計画を発表。このままでは大変と「値上げ中止」を求め署名を開始。わずか5日間で1千筆を越える署名が区議会に寄せられました。

10月からの9%の値上げが強行、しかし…

第一回目の値上げ計画(昨年10月実施)は自民・公明・民主・無所属の会・生活者ネットの賛成で強行されました。しかし、議会論戦を通じ、品川区は「27%は政策的な目標。今回の提案はその内の9%。今後の値上げは社会情勢の変化、経済的な変化を見て判断する」と計画の変更もあり得る事を示唆。積み上げられた署名にこめられた保護者の願い、共産党の論戦が区の姿勢をゆすぶりました。

保育料値上げ・学童保育クラブ廃止 
いったいどこが子育て支援?

高橋区長は昨年の施政方針に「子育ての楽しさ広げる品川プラン」をトップに掲げましたが、実施したことは、23区でどこもおこなっていない学童保育クラブの廃止、保育園保育料の値上げ。いったい品川区は子育て支援を、どうに考えているのでしょうか。

渋谷区保育料『半額』

品川区の女性が一生の間に生む子どもの数が0・85。少子化克服は緊急課題です。渋谷区では子育て世代の経済的な負担を軽くしようと、保育料を所得に応じて引き下げを発表。年収800万円程の世帯は半額。年収1000万円の世帯は30%の減額します。保育料の引き下げは、運動の広がりしだいで可能です。

子育て支援の拡大を求める声をさらに大きく

各地で10年をこえる大運動が少しずつ子育て支援を広げています。子どもの医療費無料化制度は品川区小6までの拡大に続き、小学生以上に拡大した区は、北区、台東区、港区、世田谷区、中野区、葛飾区、大田区と前進しました。

昨年、共産党は子育て支援策として@保育料2子目半額3子目無料A認証保育園への補助B無料妊婦健診の拡大を提案。そして今回は@保育園の増設A家賃補助B出産祝い金制度を提案します。

出産祝い金条例を提案

共産党は子育て世代を応援するため、2月末から行なわれる第一回定例会で「出産祝い金条例」(出産時に、児童1人あたり5万円を支給)を提案します。少子化が深刻になり、子育て支援の充実が急がれています。その最大の理由は、不安定雇用(パート・アルバイト)の急増・所得の低下、長時間労働や高い医療費や家賃、保育園の不足など、子育てに必要な環境整備が急がれています。

第一回定例会始まります議会を見にきませんか

是非一度、区議会を傍聴してみませんか。品川ケーブルテレビでは伝わらない、議会の姿が、よくわかります。

2月23日午前10時
代表質問:沢田英次区議
小中一貫教育、震災対策、憲法9条

2月23日午後1時30分
一般質問:飯沼雅子区議
保育園の増設、武蔵小山駅前開発、学校給食民営化中止を

2月24日午後12時30分
一般質問:菊地貞二区議
大崎西口中地区開発、大型店進出ストップ、介護保険改悪に反対を

傍聴お待ちしております。