日本共産党品川区議団TOPへ            「なかつか亮ニュース」目次へ

なかつか亮 なかつか亮ニュース 2004年10月31日発行
第86号

ryo@nakatsukaryo.net

第2回定例会・日本共産党品川区議団の一般質問
日時:2019年6月27日(木) 14:50頃集合
質問者:鈴木ひろ子
質問テーマ:「羽田新ルート撤回」「重度障害者への日常生活支援」「補聴器購入費補助」「消費税10%中止を」 

品川区議選後、最初の本会議質問となります。
区役所隣の議会棟4階の区議会事務局にて傍聴券を受け取り、本会議場の傍聴席にお進みください。6階の共産党区議控室にも、お立ち寄りください。

お気軽にご相談ください
雇用状況が悪化し、失業に伴う生活困窮が増えています。「派遣切りで収入が激減」「アパート代が払えない」など、生活相談はいつでもお電話下さい。
労働相談も受け付けていますます。ひとりで悩まず相談はお気軽に。
連絡先:区議控室 5742−6818(昼) 事務所 3773−3231(夜)

気軽な町の無料法律相談会
日時:2019年7月26日(金) 18:00〜20:00
場所:日本共産党なかつか亮事務所
弁護士と一緒に相談会を行います。生活のこと法律のこと、お気軽にご相談ください。
できれば事前にご連絡ください。
連絡先 昼:区議控室 5742-6818 夜:事務所 3773-3231

なかつか亮の駅前宣伝
火曜日7:30〜大井町駅
金曜日7:30〜西大井駅
土曜日16:00〜大井町駅
スタッフ募集:区政報告を駅前宣伝で配付して頂ける方を探しています。少しの時間だけでも助かります。


海外調査、今年はスイス、スウェーデンに
12月12日から9日間 自民・民主のみが参加

 昨月の9月末、品川区議会は海外調査をめぐり大きくゆれました。区議会6会派中、4会派が海外調査の不参加を表明。共産党は本会議で反対討論を行いました。 採決では、賛成22反対18と区議会史上始めて「あと3票」と迫りました。しかし、自民・民主は実施を強行。今年の海外調査は前代未聞の2会派(自民党・民主党)だけの参加となりました。

議会運営委員会でも意見分かれる

 9月24日議会運営委員会にて今年度の海外調査が審議されました。共産党と公明党は実施に反対、しかし自民党と民主党が実施に賛成。無所属の会は「参加はしないが、実施には賛成」とし、自民、民主、無所属の会の賛成多数により海外調査の実施が議員提出議案として本会議に出されました。

総額740万円の予算は区民の暮らし支援にまわすべき

  今回の海外調査はスウェーデン(ヨーテボリ市)スイス(ジュネーブ)。期間は12月12日から20日の9日間。参加議員は自民党が4名、民主党(区民連合)が3名です。

 共産党は反対討論を行ない「長引く不況のもと生活保護や公営住宅入居相談が急増、一議員70万円、総額740万円の予算は区民の暮らし支援にまわすべき」「今年で15回目の海外調査。しかし、調査から生かされた提案もなければ、条例提案はほとんどない」「海外調査に不参加の意向を表明している会派は、21名と過半数を超えている。わずか2会派のみの参加が、公式視察の名に値するのか」と述べました。

いよいよ採決の時

 不参加を表明しているすべての会派の議員が、実施に反対すれば、海外調査は、ついに中止となります。緊張の採決の時がきました。

賛成22反対18

賛成…自民、民主(区民連合)、無所属の会(本田、藤原、西本議員)計22名。

反対…共産、公明、ネット、無所属の会(須貝議員)計18名。

 無所属の会は不参加ですが、議案の賛否が分かれました。

あと3票で中止に

 賛成と反対の人数が「あと3票」と迫ったのは、区議会史上始めてのこと。

 今回は前代未聞の2会派(自民・民主)のみ、参加となりました。東京23区では20区が海外視察を中止しています。

 わずかの差で、残念ながら実施は強行されましたが、ここまで追い詰めたのは、地域の粘り強い運動や批判の高まりの成果だと思います。一日も早く海外調査を中止するよう、これからもがんばっていきたいと思います。

なかつか亮


昨年、海外調査前に見送る議長らと記念撮影

  今年の海外調査参加議員
自民 大沢真一 田中豪 築館武雄 本多健信
民主
(区民連合)
大西光広、木下史典、高星正利