日本共産党品川区議団TOPへ         「なかつか亮ニュース」目次へ

なかつか亮 なかつか亮ニュース 2004年9月5日発行
第80号

ryo@nakatsukaryo.net

お気軽にご相談ください
雇用状況が悪化し、失業に伴う生活困窮が増えています。「派遣切りで収入が激減」「アパート代が払えない」など、生活相談はいつでもお電話下さい。
労働相談も受け付けていますます。ひとりで悩まず相談はお気軽に。
連絡先:区議控室 5742−6818(昼) 事務所 3773−3231(夜)

気軽な町の無料法律相談会
日時:2019年2月15日(金) 18:00〜20:00
場所:日本共産党なかつか亮事務所
弁護士と一緒に相談会を行います。生活のこと法律のこと、お気軽にご相談ください。
できれば事前にご連絡ください。
連絡先 昼:区議控室 5742-6818 夜:事務所 3773-3231

なかつか亮の駅前宣伝
火曜日7:30〜大井町駅
金曜日7:30〜西大井駅
土曜日16:00〜大井町駅
スタッフ募集:区政報告を駅前宣伝で配付して頂ける方を探しています。少しの時間だけでも助かります。


子ども達を交通事故から守ろう

東京地裁判決確定

 昨年の5月、戸越3丁目交差点で青信号で渡っていた佐藤奈緒ちゃん(当時6歳)が10dダンプにひかれ死亡した事故で東京地裁は禁固2年6ヶ月(求刑禁固5年)の判決が7月末確定。私は、父親の佐藤清志さんにお話しを伺いました。

納得いかない

 父親の佐藤清志は「娘は、ちゃんと青信号でわたったのに。同じ死亡事故でも、交通事故による死亡事故は判例が甘すぎる。納得いかない。事故さえなければ、今年伊藤小学校に入学予定だった。もっと友達と遊びたかっただろうし、一番つらかったのは娘の奈緒だと思う。夏休み、家族と旅行に行っても、菜穂を連れて行かせたかったと毎日、思い出してしまう。二度と同じ思いはさせたくない。事故再発の防止など自分にできることを、これからも続けていきたい」

「ひき逃げ」東京地検が不起訴処分

 「ダンプカーは交差点での事故後、約百メートルほど蛇行しながら進んだ。周辺のドライバーがクラクションをいっせいに鳴らし、ようやく停止した」事故を目撃した方は口々に「ひき逃げ」と話します。

 しかしダンプカーの運転手は「横断歩道上で何か踏んだが、カラーコーンかと思った。人だとは気づかなかった」と話し、東京地検は「ひき逃げ」を不起訴処分としました。

 大型ダンプカーは一歩間違えれば、一瞬にして命を奪う凶器となりかねません。運転手には、そのことを強く自覚し、安全運転に勤める責任があります。私は「気づかなかった」との主張で刑が軽くなるのはおかしいと思います。


今年5月、高橋区長に歩車分離設置を求める5000筆署名を提出。

子ども達を交通事故から守ろう

 私は今回の事故を通じ、交通事故によって奪われ命、残された家族の気持ち、車社会中心の裁判の制度、警察…たくさんの問題を強く感じました。 歩車分離式の信号機の設置、今後の事故防止のための取り組み、運転手への指導強化など問題は山済みです。

子どもの目線で町をチェック
交差点の点字ブロック、白線を改修

交差点の改修

 これまでも、西大井1丁目大井教会前の交差点は車と児童との接触事故が多発。児童の通学時間と重なる朝8時過ぎ頃は、特に危険です。近所からも不安の声がたくさん上がっていました。


大井教会前の点字ブロックの改修工事。その他、白線や信号機がきれいになりました。

白線、道路の改修

 西大井本通りや滝王子通りなど通りも、「白線が薄く消えかかっている。道路が痛んで、でこぼこ状態」など住民の心配は耐えません。私は一つ一つ、現場を確認し、近所の方と相談。区に改修を求めました。


出石交番先の下り坂。マンホールが浮き上がっている状態。年内にも改修工事が始まります。

 交通事故から子ども達を守る取り組みは、子どもの目線で町をチェックすることも大事だと思います。

 皆さんのご協力をよろしくお願い致します。

なかつか亮


西大井5丁目コンビに前。車の速度を落とす効果のある白線を整備しました。