日本共産党品川区議団TOPへ         「なかつか亮ニュース」目次へ

なかつか亮 なかつか亮ニュース 2004年6月20日発行
第74号

ryo@nakatsukaryo.net

お気軽にご相談ください
雇用状況が悪化し、失業に伴う生活困窮が増えています。「派遣切りで収入が激減」「アパート代が払えない」など、生活相談はいつでもお電話下さい。
労働相談も受け付けていますます。ひとりで悩まず相談はお気軽に。
連絡先:区議控室 5742−6818(昼) 事務所 3773−3231(夜)

気軽な町の無料法律相談会
日時:2019年2月15日(金) 18:00〜20:00
場所:日本共産党なかつか亮事務所
弁護士と一緒に相談会を行います。生活のこと法律のこと、お気軽にご相談ください。
できれば事前にご連絡ください。
連絡先 昼:区議控室 5742-6818 夜:事務所 3773-3231

なかつか亮の駅前宣伝
火曜日7:30〜大井町駅
金曜日7:30〜西大井駅
土曜日16:00〜大井町駅
スタッフ募集:区政報告を駅前宣伝で配付して頂ける方を探しています。少しの時間だけでも助かります。


政務調査費でキャバレーetc・区民への経過の説明と謝罪を

東京地裁判決

 この裁判は品川区民オンブズマンの会が自民党品川区議団に対し01年度の政務調査費の一部をキャバレーやカラオケバーなどに充てた8件、31万円余を違法支出として、区に返還を求めていた行政訴訟。今年4月東京地裁は「区政の調査研究目的にそぐわない場所での支出」と違法支出の判決を下しました。

 判決後、マスコミも一斉に報道。日本テレビやフジテレビでも取り上げられ「区民の税金をいったいなんだと思っているのか!」と怒りの声が広がっています。

自民党区議団は区民への説明と謝罪を・党区議団の見解を発表

2001年度、自民党品川区議団が政調費で利用した店(一部)
日付 場所 名目 金額
7月14日 銀座・白いバラ (キャバレー) 産業振興・景気動向調査研究 43,690円
7月22日 大井1丁目・千泉 (カラオケバー) 団体政策要望調整会議 26,000円
9月 7日 大井1丁目・千泉 (カラオケバー) 第3回定例会議案等検討 30,000円
9月25日 六本木・エリコクラブ (パブ・クラブ) 自民党都連青年部意見交換 105,000円
10月 1日 大井1丁目・千泉 (カラオケバー) 商店街振興意見交換会 15,000円
11月22日 大井1丁目・千泉 (カラオケバー) 学校安全問題検討会 25,000円
11月28日 銀座・ケント (ライブハウス) 自民党青年局との意見交換会 18,596円
12月 5日 大井1丁目・千泉 (カラオケバー) ごみ対策とリサイクル検討会 35,000円

 区民が納めた税金を調査の名目でキャバレーやカラオケバーなどの「飲み食い」に使うことは言語道断です。(上表参照)

 党区議団は6月16日付で見解を発表。区民に対する経過の説明と真剣な反省を求めました。(全文

反省見られない自民党の態度

 自民党区議団は5月4日付けの品川新聞にコメントを発表。その中では…

 「(品川区民オンブズマンの会は)何かの意図を感ずる住民訴訟や住民監査請求。また共産党HP(ホームページ)にも同様な主張がされています。自民党品川区議団は使途基準に従い政治活動を行ってきたと考えます。しかし、区民に誤解を招きかねない部分があったことは真摯に受け止め、政治家に与えられた政務調査とは何かを議会全体で改めて検討いたします」と説明しています。

「使途基準に従った」しかし、判決直前に31万円を区長に返還

 自民党品川区議団はコメントの中で「使途基準に従った」と説明し、まったく反省していません。一方で判決直前の1月13日に「内部調査の結果、誤解を招きかねない不当な支出であったと認められるの」とし問題の31万円余に利息を付けて区長に返還しています。

 なぜ「政務調査費の使い方に問題があった」「今後キャバレーなどには使いません」と反省の弁がないのでしょうか。

「区民に誤解を招きかねない」というが

 政務調査費の使い方を「誤解」しているのは自民党区議団の方ではないでしょうか。 判決の中でも、景気動向調査の名目でキャバレー通いに政務調査費をあてる事は違法支出であると下されています。「区民に誤解を招きかねない」と区民に責任を転嫁させることなど、とんでもありません。

裁判中も「敗訴回避」

 裁判中も自民党区議団は「交付された政務調査費がどのように使用されたかについて知らない」と繰り返し主張。会議の具体的内容や出席者などについて明らかにしませんでした。このことに対し判決文では「(自民党)品川区議団は、自ら最終的には政務調査費の使途に問題があったことを認めざるを得ない状況に至る事態であったにもかかわらず、自らそれを明らかにすることをせず、訴訟の終局が近づき、使途に問題があったことが白日の下にさらされる可能性が生じるや、他の会派も同様の支出を行っている旨の主張をしたり、最終的に問題となった政務調査費の語句一部を返還することで、敗訴判決を回避したものであるかのように感じられるのは無理からぬところである」」と批判しています。判決を真摯に受け止め、区民への経過説明と反省を求めます。

なかつか亮


自民党品川区議団10万5千円「エリコクラブ」と書かれた問題の領収書。
区民の貴重な税金がこんなところに使われていました。