日本共産党品川区議団TOPへ         「なかつか亮ニュース」目次へ

なかつか亮 なかつか亮ニュース 2004年3月7日発行
第62号

ryo@nakatsukaryo.net

お気軽にご相談ください
雇用状況が悪化し、失業に伴う生活困窮が増えています。「派遣切りで収入が激減」「アパート代が払えない」など、生活相談はいつでもお電話下さい。
労働相談も受け付けていますます。ひとりで悩まず相談はお気軽に。
連絡先:区議控室 5742−6818(昼) 事務所 3773−3231(夜)

気軽な町の無料法律相談会
日時:2019年2月15日(金) 18:00〜20:00
場所:日本共産党なかつか亮事務所
弁護士と一緒に相談会を行います。生活のこと法律のこと、お気軽にご相談ください。
できれば事前にご連絡ください。
連絡先 昼:区議控室 5742-6818 夜:事務所 3773-3231

なかつか亮の駅前宣伝
火曜日7:30〜大井町駅
金曜日7:30〜西大井駅
土曜日16:00〜大井町駅
スタッフ募集:区政報告を駅前宣伝で配付して頂ける方を探しています。少しの時間だけでも助かります。


「退勤時間から反省会を行うこともある」
すまいるスクールでサービス残業!?

区非常勤職員。医療保険や年金は未加入。交通費・残業代も支給なし。

 すまいるスクールで働く非常勤職員から「収入は月12万7500円で自立は困難」「他区から通っているので交通費を支給してほしい」など深刻な勤務実態が寄せられました。

 共産党は「非常勤職員の待遇改善」を本会議で提案。さらに、文教委員会で追求しました。

深刻な勤務実態
「退勤時間6時15分から反省会をしている」

 「仕事は1時15分からとなっているが、実際は12時半ごろには出勤。子どもを受け入れる準備をしている。」「反省会は、6時に子どもが帰宅してからになるので、早くても6時5分から。時には退勤時間の6時15分から始まるときも。帰りは6時50分になる」とすまいるスクールでのサービス残業の実態がわかりました。

区:サービス残業はない

 区は「サービス残業を強いているような実態はございません」「反省会は勤務時間内で十分可能」と説明。サービス残業の実態を認めませんでした。

非常勤職員にも残業代の支給・勤務時間の延長を

 専任指導員には残業が認められています。なぜ、同じ反省会に参加しているにも関らず、非常勤職員はタダ働きなのでしょうか。昨年特に忙しかった9月、専任指導員の超過勤務時間は19校合計532時間。しかし、非常勤職員の超過勤務は一切認めていません。

 子どもは、すまいるスクールに6時まで参加できます。児童が帰宅した後の反省会では「今日あった出来事」「ケンカやケガはあったか」「勉強会の報告」等が話し会われ、子ども達の成長や生活の実態を出し合い、職員同士の共有や把握をし、指導の改善を行っています。反省会はすまいるスクールの運営上、大切な仕事。区は、必要な残業や勤務時間の延長を認めるべきではないでしょうか。

周辺区は全て、交通費支給!!
週5日勤務は社会保険に加入が可能
残業代の不払いは労基法違反!!

非常勤職員に交通費の支給を

  周辺区(大田、目黒、世田谷、港)では全て交通費が支給されています。目黒区では上限を月1万5200円と定め、週四日以上又は月16日以上の非常勤に支給。港区や世田谷区は、非常勤も常勤職員と同様、上限を月4万5500円と定め支給。大田区は採用時に交通費の額を提出させ、支給しています。品川区は「交通費は給与に含まれている」と説明。交通費が実費支給されていない区は23区で品川区ぐらいです。

「週5日勤務は加入が可能」品川社会保険事務所

 私が品川社会保険事務所に問い合わせたところ、非常勤職員の社会保障加入について「週5日勤務の、すまいるスクール非常勤職員は、常勤職員との勤務実態にあまり変わりはなく、品川区が申し込めば社会保険に加入できます」と説明。さらに担当者は「加入したほうがいいと言うより、加入しなければいけないケースでは」と話していました。

 区が申し込めば、非常勤職員も社会保障に加入ができます。目黒区では週22時間以上勤務している非常勤は全て社会保障に加入しています。

サービス残業は違法 品川労働基準監督署

 さらに、サービス残業について、品川労働基準監督署に問い合わせたところ「残業代の未払いは、明らかに労基法違反です」と説明。区は、非常勤職員に超過勤務を認めない理由に「要綱上、超過勤務の規定がないから」と説明します。しかし、たとえ要綱に規定がなくても、サービス残業が違法であることに変わりはなく、不払い賃金は一刻も早く支給しなければなりません。

4月からは、すまいるスクール参加児童は急増。職員も増員。区は直ちに改善を

 今年の4月から10つの学童保育クラブが廃止され、さらに多くの子どもが、すまいるスクールに通います。非常勤職員も参加児童数の増加に伴い増員されます。

 子どもの成長・発達を保障するには、何よりも職員同士の間のチームワークが大切です。非常勤職員の待遇改善が急がれます。

なかつか亮