日本共産党品川区議団TOPへ         「なかつか亮ニュース」目次へ

なかつか亮 なかつか亮ニュース 2003年3月9日発行
第22号
ryo@nakatsukaryo.net

お気軽にご相談ください
雇用状況が悪化し、失業に伴う生活困窮が増えています。「派遣切りで収入が激減」「アパート代が払えない」など、生活相談はいつでもお電話下さい。
労働相談も受け付けていますます。ひとりで悩まず相談はお気軽に。
連絡先:区議控室 5742−6818(昼) 事務所 3773−3231(夜)

気軽な町の無料法律相談会
日時:2019年2月15日(金) 18:00〜20:00
場所:日本共産党なかつか亮事務所
弁護士と一緒に相談会を行います。生活のこと法律のこと、お気軽にご相談ください。
できれば事前にご連絡ください。
連絡先 昼:区議控室 5742-6818 夜:事務所 3773-3231

なかつか亮の駅前宣伝
火曜日7:30〜大井町駅
金曜日7:30〜西大井駅
土曜日16:00〜大井町駅
スタッフ募集:区政報告を駅前宣伝で配付して頂ける方を探しています。少しの時間だけでも助かります。


区民生活は火の車なのに
品川区には570億円ものため込み!

 今、品川区には区民一人当たり17万円以上(570億円)の、ため込み財政があります。

 16年間続いた高橋区政の下、ねたきりオムツ支給や福祉タクシー券の削減。学校では調理師・用務員さん等の職員削減を行いました。 

 また、駅前駐輪場の有料化や会議室、スポーツ施設の利用料等、区民から取れるものはどこまでも取る。ため込んだ570億円は、まさに区民サービスを下げ、利用料をどこまでも取った結果です。

 一方、高橋区政は大崎駅前開発等には472億円もの税金投入。今後も広町地域開発(予算に387万円の調査費計上)を行う予定です。

 今や区民生活は火の車です。

 貯めた財政は、大型開発ありきでなく、区営住宅・特養ホーム・30人学級を実施に使うのが、品川区の仕事ではないでしょうか。

 「開発ありき」の高橋区政から「生活応援」の桜井区政に変えていきましょう。

大井3丁目 体育館解体工事 3月10日より開始
騒音・振動・ホコリ・大型車の搬入 不安広がる

 大井3丁目の山中マンション工事現場の奥、体育館の解体工事が10日より始まります。

 近隣の住民から「以前、解体工事の際、振動で屋根の瓦がずれた、ホコリがひどく洗濯物が干せなくなった」と不安の声がよせられました。

 「騒音・振動・ホコリ・大型車の搬入」等不安は広がるばかり。近くには山中小学校があります。安全性は最優先事項です。 

 事務所としては、業者に対しては、「説明会の開催」「作業内容の提示」を要請しました。今後も厳しく見守る必要があります。