安藤たい作




[趣味]
漫画・イラストを描くこと
キャッチボール
[現住所]
大崎在住

-略歴-  
1974 宮城県仙台市生まれる。
1997 国立宮城教育大卒
1998 漫画家を志し上京、漫画家アシスタント。
2002 青年誌奨励賞受賞
  大崎駅西口駐輪場改善運動に取り組む
2006 4年の派遣労働経験を経て、'06年の品川区議会議員補欠選挙で初当選

−私の思い−
 私は宮城県仙台市に生まれ、宮城教育大学中学美術科を卒業。
 小さい頃からの夢でした「漫画家」を目指して'98年に上京し、派遣労働などで生計を立てながら投稿や持込などの活動をしておりました。
 漫画を書きながら「今の社会や政治っておかしくないか??」という思いをず〜っと抱えておりました。
 アジアで2000万、国内でも300万人の犠牲者を生み、その痛烈な反省から「もう二度と戦争はしない。そのための軍隊も持たない」と誓った平和憲法九条。この九条はわたしたちにとっても、平和を願う世界中の人にとっても”宝物”です。それをわざわざ自分から投げ捨てて、アメリカと一緒に海外で国連憲章無視の侵略戦争を一緒に行おうする今の政府。
・・・なぜ??おかしい。
 どれだけ一生懸命まじめに働いても、生活が楽にならない。将来も見えてこない。結婚して、出産、子育てをする、こんな当たり前の願いを持つことすら許されない今の若者の雇用破壊の状況。日本は世界で二番目の経済大国のはずじゃなかったの??
 ・・・なぜ??おかしい。
 こんな政治を、社会を、品川を、なんとしても変えたいという思いは、ペンをマイクに持ち替えても、変わることはありません。
 表現方法と立場は変わりますが、私は自分のこうした思いを持ち続け、みなさんと一緒に力をあわせて、子どもから若者、お年寄りまで、人間が人間として当たり前に暮らせる社会の実現を目指しています。


フォトギャラリー
青天の霹靂、区議補欠選挙でのひとコマです。

補選ではみなさまから13805票を頂き、第2位で当選。当選証書が選挙事務所に届いたのは夜中の1時過ぎでした。

事務所の皆さんと記念撮影。ほんとうにたくさんの方々に支えて頂きました。

当選から一ヶ月半、2006年度第四回定例議会で初一般質問。テーマは不安定雇用と教育でした。

議員控室でお仕事。毎日が勉強になることばかりです。

初当選からわずか半年で早くも再選を目指す区議選に突入。みなさまのご支援により、大激戦のすえ32年間共産党区議をつとめてこられました“品川のレーニン”こと沢田英次さんの議席を引き継ぐことができました。本当にホッとしました……。(2007年4月)